今予約する
Island Pacific HotelIsland Pacific Hotel

ホテルについて

ホテルについて

ザ・ポッティンガー香港

ポッティンジャーは、香港の賑やかなセントラル地区の中心の便利な立地にある、シックなブティックホテルです。史跡の見学や最高級のおもてなしを求める目の肥えた旅行者に理想的で、ゲストはこの素晴らしい立地を起点にして、香港最古でもっともダイナミックなエリアの1つでもあるオールドタウンセントラルを探索できます。オールドタウンセントラルには、築100年を越えるビルがモダンな超高層ビルと肩を並べ、屋台やローカルマーケットがビジネス街と共存しています。

ポッティンジャーには、68室のゆったりした客室とスイートがあります。スタイリッシュなデザインとモダンな利便性を、温かくパーソナルなふれ合いと組み合わせて、当ホテルは街の中心部でゲストをお迎えする安らぎの隠れ家を提供します。

アワード受賞歴
国内外の雑誌やお客さまからの評価によって受賞した主な賞をご案内いたします。
2019

Recommended Verified Luxury

Forbes Travel Guide
2018

Regional Winner

World Luxury Hotel Awards
2018

Best Boutique Hotels

Best Boutique Hotels
Sino Hotels logo

Sino Group傘下であり、ホスピタリティ業界においてゆるぎないブランドとなったSino Hotelsは、ゲストのおひとりおひとりに個性があるように、多岐にわたりる個性的溢れるホテルのポートフォリオを提供しています。現代の旅慣れたお客様の興味をそそるような、そしてそのご期待に沿えるようなユニークな体験を、ホテルおよびその周辺にてご提供しております。

SINO HOTELS

STEPPING INTO THE PAST

Welcome to the neighbourhood of Pottinger Street, steps that take you through Central from the past to the present.

歴史をたどる
セントラル(中環)地区

ザ・ポッティンガー香港(The Pottinger Hong Kong)は、香港のセントラル(中環)地区にあります。今日ではセントラル(中環)として知られるこのエリアは、1840年代までは小道があるだけの砂浜にすぎませんでした。イギリスが拠点をスタンレーから移転する際に相応しい場所としたのが、このセントラル(中環)地区でした。商業と行政の新たな中心地として、多くの中国人が仕事、貿易、富を得る機会を求めて移り住みました。山と海に囲まれた小さな土地は次第に人口密度を高め、1850年代には人口25,000人を超えました。

海浜地区にホンと呼ばれる貿易倉庫が建ち並んだセントラル(中環)地区は、貿易の中継拠点として急激な発展を遂げ、ついには珠江地域で最も重要な貿易港だった広東港をも追い抜きました。イギリス統治下の香港は、めざましい成長を実現し、セントラル(中環)地区はその中心となりました。土地の広さが限られていたため、香港では土地の拡張が繰り返されています。セントラル(中環)地区にあるクイーンズロードがもとの海岸線で、ザ・ポッティンガー香港は、150年前に浜辺があった場所からすぐの場所にあります。

central district
pottingerstreet
ポッティンガーストリート

ポッティンガーストリートは、その歴史を1850年代にまでさかのぼる、セントラル(中環)地区で最も古い歴史ある通りのひとつで、現在では第一級史跡街に指定されています。名前は、香港の初代総督サー・ヘンリー・エルドレッド・カーウェン・ポッティンガーに由来します。もとはクイーンズロードが海岸線沿いに走っていたため、クイーンズロードから始まるポッティンガーストリートは、いくつもの急斜面を経てハリウッドロードへと上っていきます。後代の拡張事業によって、ポッティンガーストリートは、セントラル(中環)地区の平坦な区域、コンノートロードに沿って北部にも拡張されました。

ポッティンガーストリートのうち、古くからある急斜面の通りには花崗岩の階段が続き、歩行者と籠だけが通れるようになっています。「石板街」という中国語の呼び名は、ここから来ています。独特で趣のある石段は、香港映画やテレビでも有名なロケ地となっています。

第二次世界大戦中には、空襲を避ける防空壕としてポッティンガーストリートの地下に75mのトンネルが掘られました。これは実際に利用されることはなく、崩落の危険から1980年代に埋め立てられました。

THE STORY OF FAN HO

The Pottinger Hong Kong is a distinctively designed and decorated hotel which features a number of striking images by one of Hong Kong’s most famous sons, photographer and film director Fan Ho.

ho fan
“In my memory, there has always been a deep yearning of Hong Kong. I particularly miss the location I like to photography the most - Central Hong Kong“
Fan Hoho fan
ho fan

Born in Shanghai in 1931, Fan Ho first delved into photography at the age of 14, when his father gave him a Rolleiflex twin-lens camera. After moving to Hong Kong in 1949, he began taking photographs of the streets and alleys of old Central, and of other markets and street stalls in the Hong Kong of the time. His creative output in the 1950s and 1960s included what are now recognised as some of Hong Kong’s most iconic photographic images. Between 1958 and 1965, he was eight times named one of the Top Ten Photographers of the World by the Photographic Society of America.

Mr. Ho received over 280 photography awards in his long career. His work can be found in public and private collections worldwide, including the Bibliothèque Nationale de France, the San Francisco Museum of Modern Art, and Melbourne Museum. Mr. Ho also worked in film, first as an actor for the Shaw Studios, from which he moved into directing. He directed a total of 27 films in his 35-year film career.

Mr. Ho saw himself as a voyeur and a flâneur, sometimes waiting for hours and going back to the same location for months on end for that one perfect photo. Known for his remarkable handling of shadows, lighting and lines, Ho managed to imbue his photos with a sense of romance and mystery, whether taken in bustling markets or quiet alleyways. His pictures depict both the hardship and the can-do spirit of Hong Kong, one that has characterised this city for many generations.

Up until his passing in 2016, Mr. Ho was still working every day, exploring ways of using modern photo processing technologies to create new works using his old film negatives. Many of his images were taken in his favourite place on Earth – Central Hong Kong.